自分が【バンコク移住前に知りたかったこと】を解説します

バンコクのタクシーはCABB(キャブ)が安心。料金が乗車前にわかるのでオススメ

バンコク市内の移動は、BTSやMRTがわかりやすいですが、タクシーでないと行けないような場所もあります。
GRABや流しのタクシーもありますが、初心者には乗るのがハードル高く感じることも。。
日本で調べておいた CABB(キャブ)というロンドン風のタクシー手配アプリがかなり便利だったので紹介しておきます。

CABB(キャブ)に乗る前にやっておいたこと

・アプリをダウンロードしてアカウント登録。
・日本発行のクレジットカードをアプリに登録し、1バーツ決済して認証させておく。

CABB(キャブ)の支払い方法
CABBのアプリで車を呼ぶ時に、支払い方法としてはクレジットカードは選択できません。車を降りるときの支払時に、ドライバーさんにクレジットカードで支払うと伝えたところ使えました。
ドライバーさんがタブレットで操作して「支払いOK」と言われたら処理は終わりです。特にこちら側でアプリで何か操作したりする必要もなく支払い完了でした。支払った履歴はアプリで確認でき、メールにも利用内容が届くので安心です。

もちろん現金でも払えるのでクレカ登録が心配な場合は現金払いで問題ないです。乗る前に金額が決まっていて「ココからココまで●バーツ」と記載されてからタクシーを手配が出来るので、その表示金額をそのまま払えば大丈夫です。流しのタクシーのように法外な値段を言われる心配は無いです。便利な時代になりました。

車内は広く3人は横に並んで座れます。座席とドライバーさんとの間にスペースがかなりあるので、トランクや大型の荷物があっても楽々乗れそうです。ただ車内は飲食禁止で、ペットの同乗もNGとあったので、ペット連れの方は一応ご注意を。きれいで安心なので、個人的にバンコクに来てからの移動はCABB(キャブ)かなり使ってます。

CABB(キャブ)の料金相場(例)について
距離やルートにもよると思いますが、だいたい15分5キロメートルで170バーツくらいでした。他よりは割高なんだと思いますが、私は、近距離はシーローや muvmi(ムーブミー)を使い、中距離ではcabb(キャブ)の利用で使い分けています。
上の画像は、プロンポン駅から隣のトンロー駅まで行った場合の料金です。110バーツでした。

CABB(キャブ)は呼んでから何分くらいで来る?
ホテルに平日朝8時くらいにCABBを手配した際は、車がスクンビット通りを北から南に横断するようなルートをとっていたからか、30分程度待ちました。渋滞によってもかなり時間は変わるのでご注意ください。別日に同じホテルに朝9時過ぎに手配した際には、15分位で到着しました。

CABB(キャブ)の手配から乗車までの流れ
タイの携帯番号をアプリに登録するのですが、CABBは必ず車が発車する際に電話が直接かかってきます。
基本タイ語なので正直何を言ってもらっているのかが、よくわからないのですが、「ホテルで待ってます。」など伝えておけば迎えに来てくれます。片言英語が通じる割合は50%以下くらいでした。

ただ1回だけ、シーロムあたりのBTS駅でCABBをアプリで手配した際は、電話を切って20分待っていましたが、結局車は来ませんでした。。ピックアップポイントに指定した場所が車の往来が激しい場所だったためか(真相はわからないですが)

乗車拒否ではないのかもしれないですが、そんなこともあるので、ピックアップのポイントをアプリの地図で指定する際は、少し往来の少ないエリアの道などの方が良いのかもしれません。タクシーが停車不可とか交通ルールもあるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。