自分が【バンコク移住前に知りたかったこと】を解説します

日本からバンコクの引越料金の相場と日数(3人家族の場合)

家族でのバンコク移住を決めた後、渡航の2カ月ちょっと前から具体的に引っ越しの準備を進めました。

ただ、引っ越しについては料金相場が調べてもよくわからず、いったい引っ越し業者もどこに依頼すればいいのか、、とかなり引っ越しについては悩みました。

荷物の数や内容で全然料金は違うとは思いますが、ざっくりの費用感だけでも事前に知りたかったのですが、意外と料金相場を出してくれているサイトやブログも見つからずでした、、

このぺージでは今後移住を家族で考える方の少しでも参考になればと思い、具体的な引っ越し金額を含めてお伝えします。

引越し代金例:フルパッケージでバンコクに引越す場合

業者もどこが良いかわからなかったので、とりあえず日本通運が有名かと思い家に見積もりに来てもらいました。コロナ禍でしたが営業担当さんが見積もりに来ました。

我が家は、家族3人&犬が1匹。もともと荷物は少な目です。
大物家電は処分し、テーブルやソファ、ベッドなど大物家具も処分予定。

見積の結果は、、90万円近い金額に。。

春先で混み合っていたり、梱包も自宅に日通さんが来て手伝ってくれるようなフルパッケージでしたので高かったのかと思いますが、それにしても高い。。驚きつつ、この内容ではお断りしました。

会社が出してくれるならいいですが、個人での海外移住なので、当然会社が費用なんか出してくれません。全額引っ越し代金は自腹、少しでも節約したいところです。

引っ越し費用を抑えるため「単身パック」を活用!

国内の引越しでもありますが、バンコク行きでも「単身パックプラン」があったので、荷物をさらに減らしつつ、これをうまく活用して引っ越し代を抑えたいと思います。

単身パックだと、日通では段ボール15箱という制限はありましたが、引っ越し費用は約13万円程度に抑えられました。ただ、ひとつ困ったのは、単身パックは1社で1依頼までなので、15箱×2単身パック、のような申し込みの仕方はできませんでした。

そこで、同様に海外向けの単身パックサービスを提供されていたクロネコヤマトにも依頼して、2社で単身パック×2、段ボールを約30箱で引っ越しを進めることにしました。
※輸送は航空便ではなく、船便ですので到着までには40日超はかかります。

「段ボール30箱」と聞くと割と量がありそうな印象を持ってしまいましたが、家族全員分の荷物や台所用品など含めて入れていくと、かなり足りない量でした。

日本からバンコクの引っ越し代金の総額

今回の引越しの代金は、トータルで「25万円」ほどでした。当初の見積もりにあった約90万円から比べると、1/3以下になりました。

そうなると最初の90万円ってなんだったんだ、という気もしますが、かなり荷物を削減すればこのように費用もおさえられます。テーブルや大きな荷物は一切運べないですが、段ボールに入る大きさの荷物のみで海外引っ越しを進めるなら、単身パックの活用はかなり良いかなと思いますのでオススメです。

まとめ(金額・段ボールの箱数・日数)

今回の家族3人+犬1匹の日本からタイへの引っ越しの概要をまとめると以下です。
※コロナや国際情勢など輸送状況や引っ越し時期にもよって大きく変動するかと思いますが、今後のご参考まで。

日本通運 クロネコヤマト
段ボール箱数 15箱 17箱
料金 125,000円 130,000円
輸送日数(荷物到着迄) 2カ月 1.5か月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。